魅力的な法人

YUKI
2021/11/13

私が体験したお手伝い

社会福祉法人亀鶴会の、地域における公益的な取り組みとして行われている学習支援に参加しました。中学1年生の生徒の勉強を見守りました。学習支援は家庭教師のようにずっとつきっきりで横から口出しするというよりも、横に私がいて、私自身ほかの本を読みながら適当なタイミングで様子を見て、飽きていそうなら声をかけました。集中して勉強し、休憩時間には家族のことや学校のことを楽しそうに話す生徒の様子が印象的でした。

施設の雰囲気様子

当日行った場所は、特別養護老人ホーム神明園です。羽村駅から徒歩20分で、オザムというスーパーの裏にあります。4階建ての朱色っぽい建物でした。割と大きいな建物です。迎えてくれた理事含むスタッフの方たちは気さくに話しかけてくれて嬉しかったです。学習支援の途中で、特養の見学をさせてもらいました。1回のフロアに室内なのに鯉が泳いでいるスペースがありました。半分外で半分室内のような空間に岩がありそこから水が流れていて床が透明の板になっている部分の下を鯉が泳いでいてそこから釣り堀のような場所に繋がっていました。そこで餌をあげることができるそうです。また、犬がゲージに入っていて、1階は動物園かと思いました。4階には陰圧室があるそうです。 園長がストーブの上で焼いたさつまいもをくれました。めちゃくちゃ美味しかったです。「いつもあるわけじゃないからな!」と言われました笑。

学び・発見・印象に残ったこと

到着すると、職員がお昼を作ってくれていて一緒にいただきました。お昼の調理や学習支援の運営に携わる大人がいたのですが、法人の理事が調理をしたり、学習支援の現場に来ていることに驚きました。一般的には理事という立場になると、現場での仕事よりも法人経営等の長期的な視点が必要な仕事にウェイトが置かれるので、現場に来ることは少なくなります。しかし、理事がちゃんと現場に来る機会があるということが素敵だと思いました。また、神明園の園長が特養の中を見学させてくれました。歩きながら様々な話を聞く中で、利用者が楽しめるようにという視点を園長が重視しており、前例踏襲だけではない姿勢に柔軟性と驚きを感じ、すごいなぁと思いました。

この記事に関連するタグ

# 新発見
# 穏やか
# 学生スケッター
# 半日
# その他ジャンル
# 特別養護老人ホーム
# 東京

施設情報

神明園

23区外/特別養護老人ホーム
受入数4
★★★★★ ★★★★★
5
星獲得数15

この施設の他の体験レポート

このスケッターの他のレポート