1. トップ
  2. 体験レポート一覧
  3. コロナ禍でも音楽レクを導入、生演奏の良さを改めて評価頂いて感謝!

コロナ禍でも音楽レクを導入、生演奏の良さを改めて評価頂いて感謝!

コロナ対応、黙奏で行う新音楽セラピ〜音符shower楽団
2021/04/15

私が体験したお手伝い

音楽レクリエーションの生演奏を高齢の皆さんにお届けしたい。現在のコロナ禍で更に受け入れくれる施設が少なくなっている中、積極的に音楽レクを募集しているデイサービスを見つけて応募。1ヶ月前から準備を重ね、当日ほぼ予定通り、1時間の演奏会を提供してきました。

施設の雰囲気様子

現場のスタッフさんは、思っていたより多くの方々が業務されている印象でした。テーブルには透明シートを天井から下ろされ、席は間隔を空けられてコロナ禍でしっかり感染対策万全にされている印象でした。通常音楽イベントは、席を一定方向に向いて頂く事が多いのですが、感染予防の現状では難しく、座席の位置は動かさせず、多少の不安の中、音楽レクスタートとなりました。演奏始まると徐々に皆さん歌って頂き、途中の体操系の音楽にも、利用者様スタッフ共一緒に体操して頂き、盛り上げて頂けた事、有り難かったです。

学び・発見・印象に残ったこと

近い席の利用者様は、演奏始まる前の準備していると興味を示され、積極的に話し掛けて下さいました。昔の歌謡曲「せんせい」に始まり、ドレミの歌では振り付けを覚えて体操をしながら脳トレ体操に、スタッフも皆さんと一緒にほぼ全員参加で楽しく行えたのが印象的でした。中間の時間には、童謡や唱歌を歌無しでの鍵盤ハーモニカでしっとりと演奏。歌詞をあえてお配りしませんでしたが、皆さん記憶を頼りに積極的に歌ってくれました。途中で送迎の関係でお帰りの時間になってしまう方が、名残り惜しそうに帰って行かれたのがちょっと残念でしたので、可能なら次回早めにスタート出来ればと感じました。

この記事に関連するタグ

# デイサービス
# 東京

施設情報

デイサービスほっと

荒川区/デイサービス
受入数4
★★★★★ ★★★★★
4.7
星獲得数14

このレポートを書いたスケッター

コロナ対応、黙奏で行う新音楽セラピ〜音符shower楽団
お手伝い数2
★★★★★ ★★★★★
4.5
星獲得数9

外部からのウイルス感染が、不安視される介護現場。利用者にとっては、楽しみの音楽レクリエーションや音楽療法の開催が極度に減少しているのが現状です。 10年以上に亘り介護施設での慰問演奏を経験し、皆さんが笑顔に変わる喜びを得る事が出来ました。その後、介護福祉士としても現場を経験しました。 昨今のイベント全てが縮小中止されている現状を何とか打破したい。そんな想いで、コロナ感染防止に対応した「黙奏で行う新音楽セラピー」を完成しましたので、ご案内します。 ポイント1、飛沫の飛散リスクの無いシンセサイザーキーボードをメインに使用。あらゆる楽器の音、ドラム、効果音を出す事が可能。 ポイント2、マイクには透明マイクガードを使用し、音響装置を使用する事で、スタッフと利用者は2m以上しっかりと距離の確保が可能。 ポイント3、何よりマイク使用も歌を歌わない代わりに黙って演奏する「黙奏」とし、飛沫の飛散の心配を極力無くす事にしました。(レベル2、3) ポイント4、利用者との一切の接触無し。会話が必要な時はマイク使用なので一定の距離を常に確保、安全第一を心掛けます。 ポイント5、肝心の「黙奏新音楽セラピー」の内容ですが、長年培われた高齢者の好みと思われる唱歌童謡を含む懐かしい歌謡曲を中心に、クラシックからジャズ、美空ひばりから中島みゆきまで、多彩なジャンル曲を準備、シンセサイザーならではの動物の鳴き声クイズ、簡単な手話歌、手遊び歌、座ったまま体操も、音楽に合わせて楽しく行えるイベントを提供させて頂きます。 ※盛り上がり及び感染対策のレベルに応じ3タイプ用意しました。 レベル3…1人体制、キーボードシンセサイザー及び音響機器での黙奏 レベル2…上記に鍵盤ハーモニカを加え、情緒豊かな曲が可能 レベル1…上記に打楽器スタッフ、ボーカルスタッフを追加3名体制バンド      黙奏では無く、マイクガードを使用しての歌入りでの提供 千葉県北西部、埼玉県東部、東京都東部に派遣可能ですが、距離によってはお断りする場合もあります。内容含め、詳細お問い合わせ下さい。

★★★★★ ★★★★★
4.5
星獲得数9

外部からのウイルス感染が、不安視される介護現場。利用者にとっては、楽しみの音楽レクリエーションや音楽療法の開催が極度に減少しているのが現状です。 10年以上に亘り介護施設での慰問演奏を経験し、皆さんが笑顔に変わる喜びを得る事が出来ました。その後、介護福祉士としても現場を経験しました。 昨今のイベント全てが縮小中止されている現状を何とか打破したい。そんな想いで、コロナ感染防止に対応した「黙奏で行う新音楽セラピー」を完成しましたので、ご案内します。 ポイント1、飛沫の飛散リスクの無いシンセサイザーキーボードをメインに使用。あらゆる楽器の音、ドラム、効果音を出す事が可能。 ポイント2、マイクには透明マイクガードを使用し、音響装置を使用する事で、スタッフと利用者は2m以上しっかりと距離の確保が可能。 ポイント3、何よりマイク使用も歌を歌わない代わりに黙って演奏する「黙奏」とし、飛沫の飛散の心配を極力無くす事にしました。(レベル2、3) ポイント4、利用者との一切の接触無し。会話が必要な時はマイク使用なので一定の距離を常に確保、安全第一を心掛けます。 ポイント5、肝心の「黙奏新音楽セラピー」の内容ですが、長年培われた高齢者の好みと思われる唱歌童謡を含む懐かしい歌謡曲を中心に、クラシックからジャズ、美空ひばりから中島みゆきまで、多彩なジャンル曲を準備、シンセサイザーならではの動物の鳴き声クイズ、簡単な手話歌、手遊び歌、座ったまま体操も、音楽に合わせて楽しく行えるイベントを提供させて頂きます。 ※盛り上がり及び感染対策のレベルに応じ3タイプ用意しました。 レベル3…1人体制、キーボードシンセサイザー及び音響機器での黙奏 レベル2…上記に鍵盤ハーモニカを加え、情緒豊かな曲が可能 レベル1…上記に打楽器スタッフ、ボーカルスタッフを追加3名体制バンド      黙奏では無く、マイクガードを使用しての歌入りでの提供 千葉県北西部、埼玉県東部、東京都東部に派遣可能ですが、距離によってはお断りする場合もあります。内容含め、詳細お問い合わせ下さい。

このスケッターの他のレポート
  1. トップ
  2. 体験レポート一覧
  3. コロナ禍でも音楽レクを導入、生演奏の良さを改めて評価頂いて感謝!