介護を身近に感じてみる体験

2021年4月7日
私が体験したお仕事
「看護小規模多機能型居宅介護 つついの杜」にて半日の介護体験をさせていただきました。体験当日は施設の簡単な掃除、入浴後の利用者さんへのドライヤー、食事の見守りと食器洗いを行いました。介護の現場を近くで見る、を目的として利用者さんの状態や職員の方の仕事を間近で見ることができ、良い経験になったと感じています。
施設の雰囲気様子
現場のスタッフさんからの利用者さんへの声かけや、スタッフさん同士での会話も活発に行われていて、良い雰囲気だと感じました。当日初めて会った私に対しても優しく接してくださる方が多かったです。また、利用者さんと笑顔で会話したり、利用者さんから「ありがとう」と言われたりした時は嬉しく思いました。
学び・発見・印象に残ったこと
介護施設、というと高齢の方ばかりだと思っていたのですが、50代で利用している方がいらっしゃるというお話を聞き、まだまだ介護に対して知らないことが多いなと思いました。職員の方が利用者さんひとりひとりの状態を細かくチェックしているのも印象的でした。介護の現場といっても力仕事や医療的な業務だけでなく、当たり前のように配膳や食器洗い等の仕事もあり、介護未経験の人でも体験を行うことは難しくないと思いました。

有限会社 アスカケアライフ 看護小規模多機能型居宅介護 つついの杜  さんの次のレポート