1. トップ
  2. 体験レポート一覧
  3. 支援者は、もう1人の家族だと感じました。

支援者は、もう1人の家族だと感じました。

谷村登志子
2024/02/06

私が体験したお手伝い

障がい者の方の支援がどのように行われているのか、ご利用者様のお話しを支援スタッフの方と一緒に傾聴させて頂きました。

施設の雰囲気様子

玄関入った時の、スタッフさんの声かけ、利用者様の応答から、私を迎え入れて下さる温かさを感じました。玄関には私のために用意して下さったスリッパにも優しい心遣いがとても嬉しかったです。スタッフの方は優しい物腰で利用者様のお話しをゆっくり聞かれ、聞き取りにくいところは復唱してさりげなく私に伝えて下さいました。利用者様も良く笑って一日の生活の流れ、他の事業者様の事、ご姉妹などたくさんお話しして下さいました。支援者は利用者様のペースで寄り添い、利用者様は心を許して頼っておられました。

学び・発見・印象に残ったこと

ゆっくりと聞き、ゆっくりと話し、全て利用者様のペースで時間が緩やかに流れて行くと感じました。訪問介護、リハビリ病院、特養、グループホームでいつも時間に追われて仕事をしていましたのでゆっくりと話しを聞かず仕事仕事と動いてバタバタしていたんだろうなあ、とその時の方々に申し訳ない思いです。「傾聴」する事をいつも心がけているのですが、つい、自分が話したくなる、話してしまうい、今日もまたやってしまった!と何度も思いました。 「ロング」と言う、長時間の訪問支援を初めて知りました。また、お話し伺いたいご利用者様でした。ご縁に感謝します。

この記事に関連するタグ

# 短時間
# アットホーム
# 傾聴
# 近畿
# 元介護スタッフ
# その他(介護事業所)
# 穏やか

施設情報

ホームケア土屋大阪

近畿/その他(介護事業所)
受入数7
★★★★★ ★★★★★
5
星獲得数25

このレポートを書いたスケッター

谷村登志子
お手伝い数2
★★★★★ ★★★★★
5
星獲得数10

訪問介護士パート4年、介護福祉士資格取得し、リハビリ病院での介護職正社員5年、ユニット型特養半年、同じ職場内でグループホーム2年半、合計12年間の介護をしており、2023年2月に定年退職の年齢になり、退職しました。 介護の仕事は続けたいのですが、91歳独居伯母の通院等の世話をしていますので、もし何かあれば看取りたいと思っております。2022年に看取り士の資格を取りました。シフト制の仕事だときついので、スキマ時間で介護の仕事が出来ないか、ある勉強会で質問したところ、スケッターを教えて頂き応募しました。介護士の前は18歳から25年金融機関で勤めていましたので、接客、コミュニケーション、傾聴は、得意だと思います。また、料理をするのも得意です。ただ、若い頃のように機敏に動く事ができません。入浴介助も好きです。体力は、ジムに行って筋トレしているのでそれなりにあると思います。

★★★★★ ★★★★★
5
星獲得数10

訪問介護士パート4年、介護福祉士資格取得し、リハビリ病院での介護職正社員5年、ユニット型特養半年、同じ職場内でグループホーム2年半、合計12年間の介護をしており、2023年2月に定年退職の年齢になり、退職しました。 介護の仕事は続けたいのですが、91歳独居伯母の通院等の世話をしていますので、もし何かあれば看取りたいと思っております。2022年に看取り士の資格を取りました。シフト制の仕事だときついので、スキマ時間で介護の仕事が出来ないか、ある勉強会で質問したところ、スケッターを教えて頂き応募しました。介護士の前は18歳から25年金融機関で勤めていましたので、接客、コミュニケーション、傾聴は、得意だと思います。また、料理をするのも得意です。ただ、若い頃のように機敏に動く事ができません。入浴介助も好きです。体力は、ジムに行って筋トレしているのでそれなりにあると思います。

  1. トップ
  2. 体験レポート一覧
  3. 支援者は、もう1人の家族だと感じました。