お子さんの「好き」を見つける素敵な場所

2021年2月26日
私が体験したお仕事
小児デイサービスの「療育室つばさ」にて来室した重度心身障害を持つお子さんと遊ぶお手伝いをしました。お子さん1人に看護師さんが1人つく体制で、看護師さんに付いて見守りや遊びのサポートをしました。
施設の雰囲気様子
閑静な住宅街の中に、爽やかな白と黄色の色味で大きい窓がある開放的な雰囲気の建物が現れます。優しいスタッフさんばかりで、子どもたちものびのび遊んでいました。夏の暑い日でしたが、ちょうどプールやかき氷のイベントもある日で一緒になって楽しませてもらいました!
学び・発見・印象に残ったこと
1人1人のお子さんをよーく見ており、好きなもの・好きなことを小さい言動からキャッチしていくスタッフさんの姿勢に、ついネガティブな面に注目されがちな重度心身障害のある子の個性を大切にするとはこういうことか!と気付かされました。 手遊びや遊びを通した全身運動など、スタッフさんは多様な遊びを通してお子さんの「楽しい」気持ちや成長を促しているように見えました。私自身も仕事でお子さんと触れ合う機会があり、遊び方を学ぶ機会となりました。

NPO法人Social Development Japan さんの次のレポート